2009年01月17日

無線ランの特徴について

無線ランの特徴について

文字どおりケーブルによる配線を使わないLANのことで、電波を使うものと赤外線やレーザーを使うものがあります。

つまりケーブルの無いものを無線lanと言います。

無線ランはパソコンをつなぐ他にも任天堂wii等のゲーム機器をつないで楽しむことも出来ます。

当初の頃はIEEE802.11による標準化に平行して各社独自の規格で製品化され2.4GHz帯及び19GHz帯の規格がありました。しかしその後1997年6月にIEEE802.11規格が統一され、転送スピードが11Mbpsに高めた規格がIEEE802.11bとして決まると、有線と遜色ないスピードになった事や価格が安くなったことで無線lanは普及が進みました。

この802.11bと同時に、5GHz帯を使用した、転送スピードが54Mbpsという802.11aも規格化され、また802.11bと互換性を持ちながら2.4GHz帯で54Mbpsという802.11g規格も出来、電波を使った無線LANはますます発展していくものと思われます。
タグ:無線ラン LAN
posted by musenlan at 02:16 | 無線ランの設定
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。