2008年12月26日

公衆無線lanの設定

公衆無線LANの設定

専用ユーティリティのインストール。
まず、無線ランアクセスポイントなどの製品に付属している接続用のユーティリティを、無線ランのクライアントとなるPCにインストールする作業をします。
対応しているOSに注意して下さい。

◆無線LAN専用ユーティリティの起動とアクセスポイントの選定。

無線ランを使用するPCにインストールしたユーティリティを起動し、
設定を開始します。初めに行うのはアクセスポイントの選定です。
各メーカーにより少し違いがありますが、ユーティリティソフト上で開始ボタンを押し、アクセスポイント側で設定ボタンを押すだけなど、シンプルな手順になっています

◆公衆無線LANの自動設定
アクセスポイントの選定が終わると、無線LANの設定がパソコンとアクセスポイントの間で自動的に行われます。
無線LANの基本設定である「ESS-ID」や、セキュリティの設定である「暗号化方式」、「暗号キー」などの設定も全て行います。
設定が完了するとメッセージが表示されるので、それに従ってボタンを押すなどの操作をするだけで無線LANの設定は終わりとなります。
posted by musenlan at 23:44 | 公衆無線ラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。